3)開放性と遮蔽性の目安

緑化協定第6条の4

   敷地前面道路側については道路境界より3m 以内は、地盤面からの高さ1m以下の植込みとする。

緑化協定細目 1.植栽形態

 ⑴緑化地区Ⅰ(前面道路の敷地境界線から3m 以内)
 街路樹と芝、灌木等の植栽により開放性の高い地区とする。

緑化協定第6条の5

 隣地境界(運河側の敷地境界から5m 部分は除く)については遮蔽用として地盤面からの高さ2m 程度の植栽とする。

緑化協定細目 1.植栽形態

 ⑶緑化地区Ⅲ(※上記Ⅰを除く自宅敷地エリア)
  緑化地区Ⅰの部分を除き、高・中・低木その他地比類により緑化面積割合40%以上を維持しなければならない地区とする。

 私達の緑化協定にはこのように数字がはっきり示されている規定があります。はっきりしている以上、曖昧な解釈と運用の難しい規定です。自宅がこの規定に違反しているのかどうかは、皆さんご自身でお考え頂く必要があります。

 どうしてこんな規定が出来たか? もはや推測しかできませんが、前頁のワッセナー建設当時の外構図を見ても、当時はそれほど高い木や植え込み等がなかったので、できるだけその状態を維持しようといわゆる歯止めとしての数字を載せたのではないでしょうか。

 経緯はどうあれ守らねばならないのが規則や法律です。以下はこれらの規則に対応したガイドラインです。